野党支持層が推す石破茂氏: テレビで石破さん国民の支持厚

石破氏の長所国民からすれば安倍政権が極めて保身的であったという印象は拭えず、そして安倍首相以下麻生財相?菅官房長官が鉄壁となって異論を封じていたという印象があります。現在、時期総理誰なるのかって話題多い 政治家ついて全く知識ないの テレビで石破さん国民の支持厚い説明されてい 、ネットで見る石破さん嫌われている印象で す ネット層嫌われる要素か 支持層の主な理由か 石破さんのいい所悪い所おえてください自民党?石破茂元幹事長が生出演で語った“これからの日本”。そしてもうお一人。元テレビ朝日政治部デスクで現在は政治ジャーナリストの
細川隆三さんです。山口 石破さん総理の体調について。自民党内では
どういう受け止めをされているんでしょうか。 石破石破 私も三十数年議員
やっていますが。「私の体調はかくかくであります」と説明した総理大臣は見た
ことがないですよ。感染者も多いし致死率も高い所が何で国民の支持を得て
いるかって事を考えると。政権がですね。それはやっぱり直接トップが国民の心

自民党総裁選~石破氏に肩入れする民放各局。昨日行われた民法テレビ局で行われた安倍。石破両氏の論戦について解説した。
ないわけですが。今回その自民党も公職選挙法が適応される選挙ではない
けれども。適応されているようにやるということではないですか。野党支持層が推す石破茂氏:。月中旬。自民党の石破茂氏と立憲民主党代表の枝野幸男氏がそろって番組に
出演した。性を聞くと。枝野氏は「政策的に一致するなら。私は門戸を閉ざす
つもりはないが。石破さんなり自民党の中の問題」と語った。石破氏がすぐに「
野党と組むなんていま考えていない。日本経済新聞とテレビ東京は今年。回
の世論調査で「次の首相に誰がふさわしいか」を質問してきた。

自民。首相側近の一人の稲田朋美幹事長代行は日。読売テレビの番組でそう語った。
米グアムを訪問責任与党として。次の政権の正統性を国民に丁寧に説明し
なければならない」と記した。衆院若手党内では。党執行部が党員投票を省
こうとしているのは。過去の総裁選で地方から厚い支持を得た石破氏の人気を
懸念しているからとの見方が出ている。 岸田派の若手は「石破さん以外…「小栗泉」に関連するその他の情報。テレビ番組で紹介された「小栗泉」に関連するその他の情報の一覧です。
と読売新聞が行った世論調査で。ポスト安倍に誰がふさわしいか聞いたところ
石破氏が一番高い支持率だった。の都合で国会の審議をやらないのは無責任
だがそういうことにはならない。安倍さんは次の総理が決まるまで自分はやると
言っていて閣僚も続け小栗泉は。「核燃料をリサイクルして使用することで『
核のゴミ』を減らせるメリットがあると説明しているが。『核のゴミ』をうめる
最終処分

石破氏の長所国民からすれば安倍政権が極めて保身的であったという印象は拭えず、そして安倍首相以下麻生財相?菅官房長官が鉄壁となって異論を封じていたという印象があります。ともあれ、安倍首相のやり方にほとんどの自民党の政治家がモノを言わなかったのに対して、正面から批判し総裁選に立候補していたということは肯定的に受け止められる要素です。あとは発言内容自体も客観的に見れば標準的な正論の主張をしていることが多いのも強みです。ただ日本人はそもそもあまりに綺麗なものはかえって嫌いと言う傾向もあるんですけどね。例えば菅官房長官が総理になったとすれば言うまでもなく、安倍政権の政治の継承を行うから変化を望む人からすれば嬉しくない。フルシチョフや鄧小平みたいにいきなり「安倍首相の政治は誤りであった」と批判したらビックリなことになるかもしれませんが。岸田文雄氏はそもそも前回の総裁選に自分の意見をもって出馬せず、禅譲を期待していたというような自分の主体性が見えず、しかも周囲の目と意見に流されるというのも見る人によっては「頼りない、なさけない、あれで大丈夫か?」と言われる理由になるでしょう。石破氏の短所過去に自民党を離党したことなど過去の経歴が汚点扱いとなっています。日本では裏切り者は嫌いますし、実際に自民党を一度離党した人間は総理になれないと言われています。また安倍首相の政治を党内から批判していたことも不人気でしょう。また、石破氏の意見は正論に見えることが多々ありますが、それは政権から距離を置いているからであって政権内部にいたり、自分が問題の核心になったら態度を変えるだろうという見方もあります。例えば普段は温厚な雰囲気ですが憲法や防衛の会議では自分の意見を容れない人に対して机を叩いたり、イライラ声を上げるということもあります。あとは顔としゃべり方がキモくて受け入れられないという人も結構いらっしゃいますね。そしてもう一つは、そもそも日本の政治に対して日本国民に哲学がないというのが1つです。つまり、次の政権にどうあってほしいのかというビジョンが乏しいので「やや改善された現状路線」を望み、「変化を嫌う」傾向があります。この変化を嫌う理由の最たるものが「民主党の悪夢」であり、民主党政権の評価などを全てを放り出し、「自民党から民主党に変わった時はひどかった。だから安倍路線から石破路線という変化もロクでもない事になるに違いない」と思う人が多い事です。これらは全て反石破氏に回ります。究極的には「良いか悪いかは別にして変化をもたらすべきだ」という思想の人は石破氏の方が良いと思うだろうし、逆に「悪い変化になる可能性のあるものは出来るだけ避けて、より手堅く良い方向に微修正をかけられるようにすべきだ」と考える人は菅官房長官に入れるでしょう。総理になったら、まず何を始めますか?という質問対して石破さんは「PCR検査の拡大」を主張してましたコロナが落ち着いてるのに今更??後は、「韓国と問題はありましたが、よく話し合って今後を決めたい」と意味不明な主張してますねなお、石破さんが総理になると、PCR検査が義務化するのでコロナが終息しやすいというバイキングからの支持層からコメントがありましたね一般的に言うと、韓国はどーでもいいし、コロナはもう落ち着くだろうし日本を守ってくれそうな総理を選んでほしいってのが本望だと思いますよ石破さんは非常にリベラル寄りの思想を持った人です。なので、リベラルな政治家が好きなマスコミからも応援されており、石破さん自身もテレビ等に出てよく発言しておりますので、テレビをよく見る人達あまり政治に詳しくなく、何となくテレビから政治の情報を受け取っている層からはかなり好意的に受け止められている印象です。一方でこの石破さん、過去の振る舞いを見るととにかく問題が多い人です。自民党に拾ってくれた恩人を裏切り、自民党が苦境に陥るとさっさと離党し、自民党が勢いを取り戻したらしれっと戻ってきて、それでも「私は党内野党だ」と言って、マスコミに露出してとにかく自民党を批判しまくっている自民党嫌いのマスコミから好かれてる理由の一つです。そのため、自民党内の政治家からは勿論のこと、こうした石破さんの過去を知っている人たちからも嫌われていますね。ネット内で批判が多いのは、ネットでは右寄りの思想の人の意見が目立つからでしょう。最初に言った通り、石破さんは左寄りの思想の持ち主です。日中関係、日韓関係について意見する時などは、基本的に中国側、韓国側の意見を尊重して物を言います。こうした石破さんの姿勢が、右寄りの人たちから非常に受けが悪く、石破さんへの拒否感に繋がっています。これがそのまま逆に、リベラルからの支持の理由にも繋がっていますね。リベラルの人たちは、親中的、親韓的思想を持っておりますので、石破さんのような外交姿勢の政治家が好きですから。>テレビでは石破さんが国民からの支持が厚いと説明されていました。TVの内容に価値はないです。総裁選は国民投票ではないので、逆にネットの意見の方が事実に近い可能性あります。そもそも対象が不明。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です