漢方治療について 漢方薬の桂枝加芍薬湯四物湯組み合わせる

これは、いわゆる神田橋処方と言われるものです。漢方薬の「桂枝加芍薬湯」「四物湯」組み合わせる自閉症のフラッシュバック緩和するいうの本当なのでょうか 昨日Twitter見ていたらそんなツイートてる人いたので気なり まったく脳関係のない漢方薬同士で、組み合わせる事で故か精神的な作用たらすそう 素人である効く理由解りません、実証例かあるのでょうか No。そこに救世主のように現れたのが。なんと漢方薬なのです。精神科医の神田橋條
治先生が発見した。桂枝加芍薬湯と四物湯の合方です。この「神田橋処方」は。
あっという間に全国に広まりました。児童精神科医の杉山登志郎先生は。「
神田橋漢方治療について。症状や患者様の体質に応じて。加味逍遙散。柴胡加竜骨牡蛎湯。半夏厚朴湯など
の薬が処方されます。感が高まる月経前緊張症候群という状態があり。加味
逍遙散。桃核承気湯。当帰芍薬散などといった薬が使われることも多いです。
また。最近ではのフラッシュバック症状に対して。有名な神田橋條治先生が
提唱された。四物湯+桂枝加芍薬散桂枝加竜骨心理療法を行う場合でも。
こうした漢方処方を併用することで。症状が速やかに改善していくことも多い
です。

これは、いわゆる神田橋処方と言われるものです。なぜ聞くのかわかりませんが、精神科医の神田橋先生考案だそうです。詳しくは、を参考に。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です