恵み深い聖書の言葉 聖書のイエス様の御言葉の命のパンであ

キリスト教での神は万物の創造主のことをいいます。キリスト教信者の方質問 聖書のイエス様の御言葉の「命のパンである」の意味わかりやすく ちなみ当方、カトリック信者 永遠の命。聖書チャンネル”永遠の命”のページ永遠の命とは。いつまでも終わる
ことのない命です。人はパンだけで生きるものではなく。神の口から出る一つ
一つのことばによって生きるものである」と。イエス様は言われましたね。Lamb。サマリア人はいわゆる「モーセ五書」と呼ばれている旧約聖書の前半5つの書
のみ聖書として扱っていました。このことを念頭に置いてサマリア人の女の話
を読んでみるとわかりやすくなると思います。イエス様に何か宗教的なものを
感じたので。彼女も精一杯信仰心があるかのように言ったのです。皆さんも
癒しの奇跡のほかに。御言葉の意味が分かった瞬間。祈りがかなえられたと
分かった瞬間。神様のはたらきを肌で感じた瞬間などを経験したことがあるかと
思います。

わたしはいのちのパンです。は命のパンです。聖書ヨハネ6。48~58。63題わたしは命のパンです。
が良くわかります。この世のパンは肉を満足させるためですが。イエス様は霊
のパンであるため。永遠の命を与えることがおできになります。聖書イエスが受けた3つの誘惑とは。それは。人はパンだけで生きるのではなく。人は主の御口から出るすべての
ことばで生きるということを。あなたに分からせるためであった。 申命記 7。
3 主のことばで生きる。これが神がイスラエルに命じたことであり第12課:「わたしが命のパンである」。「わたしが命のパンである」 新約聖書。福音の教義クラス教師用手引き 目的
生徒にイエス?キリストが

命のパン。イエス様は言われました。ヨハネ。「私は命のパンである。霊的にも。
本当に生きる為に。元気で完全に生きる為に神様の御言葉が必要です。ですから
。教会はいつも人々に聖書を読みなさいと言います。永遠の命を当たえるもの
であると意味しました。つの方法で理解する事が出来ます。「人はパンだけで生きるのではなく。人はパンだけで生きるのではなく。神の口から出る一つ一つのことばによる」と
書いてある。 紀元年頃のイスラエル イエス?キリスト さて。イエスは。悪魔
の試みを受けるため。御霊に導かれて荒野に上って行かれた。そして。四十日四恵み深い聖書の言葉。ヨハネ その永遠のいのちとは。彼らが唯一のまことの神であるあなたと。
あなたの遣わされたイエス?キリストとを知ることです。 信仰もイエスキリスト
によって出発して。続けて導かれたことを。今日も感謝いたしましょう。信じる
もの

イエス様の肉=いのちのパン=聖書の言葉を。いのちのパンである。聖書の言葉を。食べて噛んで咀嚼して。自分の中に入れる
行為は。具体的には。いくつかの聖書的なこの。神の言葉が持つ神の働きを。
わかりやすく説明しているのが。以下のイエス様のお言葉です。

キリスト教での神は万物の創造主のことをいいます。万物の創造主以外は偶像と言っています。基本的にキリスト教では仏教のように転生輪廻は説いていません。人間界は御国に住む天使を生むところであり、他界した後は、その人の持つ魂の質に伴う世界に永遠に住むと聞いています。遺伝悪というものが、原罪としてありますが、イエスキリストを信仰することで、徐々に悪から厭離していくと説いています。ですから、この世が最終的な人間の住む世界ではなく御国霊界が人間の最終的な住む世界と説いています。キリスト教は御国に行くための準備するための教えです。この世の幸不幸が過去の功罪が引き寄せているとは言わず、人間が創造主キリストイエスと共に生きないことを不幸と説いています。ですから、どんな試練、不幸にあっても人間の創造主であるキリストイエスと共に歩みなさいと言っている。イエスキリストは個人的な人生の同伴者であり、平安を伴う永遠の私達の創造主なのです。本当は、教会の組織は必要ないかもしれません。組織化するからその組織を維持するため、人間的な欲が絡んでくる。歴史的にも政治に利用され、本来の目的はどこえやら。基本は神話的ですがアダムが神のとの約束ををたがえることから、創造主との本来の関係を失ってしまったものを、イエスキリストによってどんな時でも神と共に人生を歩むという模範を示し、イエスキリストと歩むことで、本来の神との関係を回復させる。そういう教えなのです。実はイエスキリスト=神創造主なのであり、神自身が人間として生まれ、模範をしめし、今まで見えなかった神を視覚としてとらえられる形にして、イエスキリストの形として人間と関わることを可能にしたのです。キリスト教にも偶像はあります。イエスキリスト万物の創造主が唯一の偶像です。イエスキリスト自体が生命そのものという意味では。人間は生命を受ける器に過ぎない。その質問を、貴方の所属するカトリックの他の人達に聞かないのは、何故ですか。キリスト教は、百害あって一利なし。なぜかと言ったら、私の母が大変は被害者なのです。私の母は、重度の冷え症で悩んでおりまして、ある日私はその原因を探ろうと懸命でした。突然に、母の部屋に湧いた霧で一面中真っ白になるのです。母の布団はビシャビシャになり、あっと言う間に部屋の温度は10度以上下がってしまいました。来る日も、来る日もわけのわからない霧が発生するのです。母はすっかり病床の身となってしまいました。当然の事ながら、母の部屋で濃霧発生装置を探しましたがそんなものはありません。母は毎日あちこちの医院にかかりましたが、医者はみんな冷え性の一言でかたずけてしまうのです。母は、泣きながら私の袖を引っ張って大声で助けを求める日々が続きました。母は亡くなり、ある日キリスト教の集会のニュースを見て見ますと、宣教師が霧発生装置で信者さんに霧を被せているのが目に飛び込んでくるのです。私は、これだと思いました。挙句に、父に聞きますとキリスト教に該当するような言葉をいただきました。私は思います。キリスト教は、百害あって一利なしと思います。一刻も早くおやめになるのが懸命かと思います。貴方様の大切な方を守るために一刻もお早くおやめになってください。マタイ福音書 26:26-イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱えて、それを裂き、弟子たちに与えながら言われた。「取って食べなさい。これはわたしの体である。」また、杯を取り、感謝の祈りを唱え、彼らに渡して言われた。「皆、この杯から飲みなさい。これは、罪が赦されるように、多くの人のために流されるわたしの血、契約の血である。」マルコ福音書 14:22-一同が食事をしている時、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱えて、それを裂き、弟子たちに与えて言われた。「取りなさい。これはわたしの体である。」また、杯を取り、感謝の祈りを唱えて、彼らにお渡しになった。彼らは皆その杯から飲んだ。そして、イエスは言われた。「これは、多くの人のために流されるわたしの血、契約の血である。」ルカ福音書 22:19-それから、イエスはパンを取り、感謝の祈りを唱えて、それを裂き、使徒たちに与えて言われた。「これは、あなた方のために与えられるわたしの体である。わたしの記念としてこのように行いなさい。」食事を終えてから、杯も同じようにして言われた。「この杯は、あなた方のために流される、わたしの血による新しい契約である。」ヨハネ福音書6:35-「わたしが命のパンである。わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は決して渇くことがない。わたしは命のパンである。これは、天から降って来たパンであり、これを食べる者は死なない。わたしは、天から降って来た生きたパンである。このパンを食べるならば、その人は永遠に生きる。わたしが与えるパンとは、世を生かすためのわたしの肉のことである。わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、永遠の命を得、わたしはその人を終わりの日に復活させる。わたしの肉はまことの食べ物、わたしの血はまことの飲み物だからである。わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、いつもわたしの内におり、わたしもまたいつもその人の内にいる。これは天から降って来たパンである。先祖が食べたのに死んでしまったようなものとは違う。このパンを食べる者は永遠に生きる。」ヨハネの福音書6:35 イエスは言われた。「わたしがいのちのパンです。わたしに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者はどんなときにも、決して渇くことがありません。6:51 わたしは、天から下って来た生けるパンです。だれでもこのパンを食べるなら、永遠に生きます。またわたしが与えようとするパンは、世のいのちのための、わたしの肉です。」???イエス様を信じる者は、霊的に満たされ、永遠に生きる、ということ。実際に「イエス様を食べなさい」という意味ではありません。聖書に出てくる『言葉』とは『沈黙の言葉』です。生命のパンとは生命の事です。そして生命とはキリスト神理の事です。食べたものは消化され貴方の血や肉、エネルギーとなります。それは食べ物が貴方自身となったと言う事です。生命のパンを食すとは神理を貴方の血や肉、エネルギーとし貴方自身が生命キリスト神我であることの理解と自覚を持つ様にしなさい昇華と言う事です。言い換えれば自分で考え自分の内生命より答えを受ける様にする、つまりそれが天啓を受ける事でありこれが真の学びである。これを『食す』と言う言葉の内に秘められています。『私の肉を食べ、私の血を飲む』この私とはキリスト生命です。この事の意味を深く深く理解する事が肝要です。恐らくいかの箇所でいわれる「わたしがいのちのパンです」とイエス様が言われたこと対するご質問だとおもいます。ヨハネの福音書 新改訳聖書 6:35 イエスは言われた。「わたしがいのちのパンです。わたしに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者はどんなときにも、決して渇くことがありません。???中略??? 6:40 事実、わたしの父のみこころは、子を見て信じる者がみな永遠のいのちを持つことです。わたしはその人たちをひとりひとり終わりの日によみがえらせます。」ヨハネの福音書において使徒ヨハネが「いのち」というとき、この世のいのちの事ではなく、神の国のいのち=永遠のいのち=復活のいのち のことを指しています。そして、イエス様は「わたしがいのちのパンです。」といわれ、その時の最後に「事実、わたしの父のみこころは、子を見て信じる者がみな永遠のいのちを持つことです。」つまり、イエス様がいう「いのちのパン」とは神様が信仰者にもってほしいと思っておられる「永遠のいのち」をあたえるパンのことを指しています。この世のいのちを維持するためには、この世のパンを食べなければいけないように、神の国でいきる「永遠のいのち」を持つためには「いのちのパン」であるキリストを信じることでしか成り立たないこと言われておられます。興味深いのはその「いのちのパン」であるイエス様が、40節の後半で「わたしはその人たちをひとりひとり終わりの日によみがえらせます。」とおっしゃっていることで、キリストという「いのちのパン」によって与えられる命はただ霊的に神の国でいきる「いのち」だけではなく、復活のいのちでもあるということがわかります。だからこそ、イエス様はこのいのちのことを「永遠のいのち」=死んでもなくならない命として表現されているのではないでしょうか。ヨハネ6章35節、35?イエスは彼らに言われた,「わたしは命のパンです。わたしのもとに来る者は少しも飢えず,わたしに信仰を働かせる者は決して渇くことがありません。この「わたしは命のパンです」と言った理由の一つには、41?それでユダヤ人たちは,彼が,「わたしは天から下って来たパンである」と言ったことで,彼に対してつぶやきはじめた。このこと「つぶやきはじめた」を生じさせるためというのもあります。その理由も、44節で、わたしを遣わした方である父が引き寄せてくださらない限り,だれもわたしのもとに来ることはできません。そしてわたしは,終わりの日にその人を復活させるのです。そして66節の、66?このために,弟子のうち多くの者が後ろのものに戻って行き,もはや彼と共に歩もうとはしなかった。しかし、イエスは、67?それゆえイエスは十二人に言われた,「あなた方も去って行きたいと思っているわけではないでしょう」と仰った。引き寄せられていない者は去っていき、引き寄せられるものはとどまった、と言うことです。そのための「わたしは命のパンです」と言う例えを使われた理由があります。去っていった者たちには、理解することが許されていなかったのです。さてパンには他にも意味がありました。コリント第一10章17節、17?パンは一つですから,わたしたちも,たとえ大勢いるにしても,一つの体なのです。わたしたちは皆,その一つのパンに共にあずかっているからです。と、一つの体を意味し、共にあずかる者だということです。わたしたちは、他の霊の被造物とは違い、もとは肉で生まれているのですから、彼らから見れば、やはり一つのかたまりに見えるでしょう。そのことからも、わたしたちは一つの体にあずかる者としての自覚を持たねばなりません。血に関しては対比される部分もあるのでご参照を。そこでは、血ではなく、水と仰り相手の女性が混乱しないようにお話しなさってました。ヨハネ4章13-14節、13?イエスは答えて彼女に言われた,「この水を飲む人はみな再び渇きます。14?だれでもわたしが与える水を飲む人は,決して渇くことがなく,わたしが与える水は,その人の中で,永遠の命を与えるためにわき上がる水の泉となるのです」それに対しヨハネ6章53-54節、53?そこでイエスは彼らに言われた,「きわめて真実にあなた方に言いますが,人の子の肉を食べず,その血を飲まないかぎり,あなた方は自分のうちに命を持てません。54?わたしの肉を食し,わたしの血を飲む者は永遠の命を持ち,わたしはその人を終わりの日に復活させるでしょう。このように聞く相手によって話す内容を変えられたようですね。しかし、女性の場面では、別のことを仰りたかったようにも思えるのですが共観福音書には最後の晩餐で、イエスがパンを取り「これはわたしのからだである」と言って弟子達に与えた、とあります。ミサの中心は聖体拝領であり、聖変化したキリストのからだを頂くとする。これからわかるのは、初代教会においてすでに聖餐の儀式があったのかということ調べれば何かに書いてあるかもしれませんが。 救い主のからだを直接に自分のうちに頂くことが、強い一体感を生むのかもしれません。ヨハネの福音書にある「私は命のパンである」も、この思想を受け継いで同じことを言っているのでは。ヨハネ独特の思想は「言葉は神であった」「言葉は人となって私達の間に住まわれた」というものだから、共観福音書の「キリストのからだ」をパンとして受ける思想を100%同意していたかどうか分からない。それでも共観福音書よりだいぶあとに書かれたヨハネが、すでに初代教会で共通認識となっていたパンの認識と儀式を受け入れて「私は命のパンである」と書いたのかもしれない。キリストの生命が、アダムの犯した罪の代償となり、罪と死を受継いだ人類全てを完全な生命へと引き戻すための贖いとして捧げられたという事です。パンは「御言葉」を指してます。聖書ですね。当時は、神様律法、聖書に従う事で、戦に勝利し、安定し、実り豊かな生活が有りました。其の聖書は、キリストに関して証してます。其のキリストが「イエス様」だよ!って事なんです。寄って、イエス様に従う事で、豊かな生活が与えられるよです。此の「豊か」は、霊に於いて、普通の生活に於いてで伸幸によって与えられる様です。ちょっと纏まりがないですね…説明下手で済みません。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です