令和2年12月20日 1.東京都の対策安心できる店のステ

新規感染数が減る一方で、50代以上の感染者の割合や家庭内感染の割合が増えているというデータから考えられることは、「若い人が夜の街で飲み歩いて感染する」という従来の感染パターンが減ったのだと思います。新型コロナウィルス

東京の新規感染者減少ている一番の理由か 1.東京都の対策(安心できる店のステッカー発行、22時以降お酒出さない、など)の効果出た

2.東京都民よく自粛て過ごた

3.多くの人免疫できたので、自然減少た新型コロナ飲食店の営業時間短縮に係る協力金まとめ。東京都では。月日土から区及び多摩地域で酒類を提供する飲食店に
対し。営業時間の短縮を要請。注目記事飲食店が活用できる新型コロナ
ウイルス関連の「補助金?助成金」は?営業時間の短縮を要請?時短要請に
伴う営業時間。時~時?協力金。接待を伴う飲食店は店舗あたり万に
応じた店舗は最大で万円の協力金が支給されるが。対象店舗であっても県の
安全?安心宣言施設ステッカーを」でお得なキャンペーンを実施中!

東京都/休業要請「飲食店」5時~20時まで営業可。東京都の小池百合子知事は月日。記者会見を開き。政府が発令して緊急事態
宣言に基づく都の緊急事態措置居酒屋を含む飲食店。料理店。喫茶店など。
宅配?テークアウトサービスを含む食事提供施設も。原則として営業時間の
短縮では。時から時までの間の営業を要請し。酒類の提供は夜時までとする
を要請する。お店の方も。そうやってテイクアウトでいろんな工夫もして
いただくことができるという。一つの例かと思い, , , , , ,令和2年12月20日。〇帰省中においては。体調がすぐれない時は外出を控え。高齢の御家族等にお
会いする際には特に気を付けていただく感染患者数の過去最多を更新している
東京都では。「今年の年末年始はステイホーム」「帰省はできるだけ避ける」
などをお願いして大声を出さない。お店の「秋田県版新型コロナ安心
システム」コードを読み取る。サイトで付与されたポイントの利用自粛の
要請 ○券が発行した「とちぎ応援プレミアムチケット」について飲食店での利用
自粛の要請

感染防止徹底宣言ステッカー。概要 新型コロナウイルス感染症の拡大防止を図りつつ。事業を実施していく
ためには。店舗事業所等での感染感染防止徹底宣言ステッカー」を店舗等
の目立つところに掲示いただくことで。都民の皆様が安心して利用できる施設で
事業者の皆様。店舗等の利用者への安心の提供と感染拡大防止のため。ぜひ
この取組にご協力ください。のガイドラインに基づいて感染防止対策を実施し
ている場合についても感染防止徹底宣言ステッカーの発行が可能です。東京都。東京都は日。新型コロナウイルスの感染拡大をうけて。都内の酒類を提供する
飲食店やカラオケ店を対象に。営業ステッカーを貼った店舗は。対策済みの「
安心」をアピールでき。利用者にもステッカー貼付した店の利用を呼びかけた。
ステッカーのお店に」などの文言と。感染防止徹底の「虹」を懸賞旗に
デザイン。を要請。月日から日までは。営業時間を朝時から夜時まで
とするよう求め。協力する中小事業者には一事業者年月日

来店したお客様に飲酒運転をさせないためのマニュアル飲食店用。飲酒運転により。重大交通事故を起こした人のほとんどは。普段からお酒を飲ん
でも平気で自動車を運転し。居酒屋や.来店時の対応は。どうしたらよいか
.まず。お客様が。車で来たかどうかを確認しましょう。 席について。注文を
お客様がグループ等の場合は。「帰りは誰が運転するのか」を確認し。その人
には。お酒を出さないようにしてください。また。あらかじめ飲酒運転追放の
啓発や運転代行の依頼などについて記載したステッカーやテーブルスタンドなど

新規感染数が減る一方で、50代以上の感染者の割合や家庭内感染の割合が増えているというデータから考えられることは、「若い人が夜の街で飲み歩いて感染する」という従来の感染パターンが減ったのだと思います。なぜ減ったのか?それは22時以降の酒類提供店の営業自粛が大きいと思います。若者は深夜に歓楽街に行っても店が開いていないから、帰って家で飲むのでしょう。あと、GoToから東京都を外していますが、その制限を近々解除するという話もあって、それが絡んでいる可能性もあります。減ったり増えたりを繰り返すのではないか。報道が増えると気にして行動自粛する人も増えるのでは。秋以降が心配ですが抗原検査を1日20万件程度実施できるようにすると言ったらしい。PCR検査より精度落ちるけど検査を増やしたいのは政府。最近東京の新規感染者の報道は減ってるような。他のニュースがあるのと、同じ素材に飽きてきたのか。単なる一時的な減なのかもしれません本当に減少する理由があるのであればこのまま感染者数はいずれゼロに近くなるはずです個人的には感染は普通に増減し続けるものと考えています日本の場合、罹患率はまだ0.5%前後に過ぎませんから週平均で見ると感染者数は減っていたとしても100日平均などの長いスパンで考えると感染者数はいまだ増加し続けている一方のような気がします検査数が少ないからだと思う。今日の感染者数もたった2900人くらいの検査しかしていない。もっと検査して欲しい人は大勢いると思うんだが。何か国から制御されているんじゃないのかな?検査薬が勿体無いから明らかに状態が悪い人だけしか検査して貰えないとか?それ以外の要因ではないかと、わたしは考えています。4.梅雨が明けて飛沫が乾きやすくなり、飛沫感染が収まってきている。自然現象由来の感染抑制ではないかと思います。コロナウイルスはエンベロープウイルスです。このエンベロープ脂質二重膜が破壊されると、感染能力を失います。アルコール消毒や石けんによる手洗いも、このエンベロープの破壊が目的です。エンベロープは飛沫などの水分中では安定ですが、乾くと簡単に壊れます。東京都の新規感染者数は梅雨があけてから1週間後には減り始めました。つまり、洗濯物が乾きやすいと、飛沫感染が起こりにくくなると思われます。そうすると、相手の特定できない接触感染の比率が上がり、感染経路不明の比率が相対的にあがっていることも、説明できると思います。だから、一般にウイルス風邪は洗濯物の乾きにくい冬場にはやります。この仮説はいかがでしょうか?。この仮説が正しいなら、秋の長雨シーズンや湿度は低くても洗濯物の乾きにくい冬場に再度飛沫感染が多くなってくるのではないかと、危惧しています。以上、個人的な意見でした。日本人は休みの日の方が大人しく家に居るからかと。前の流行はGW、今の流行はお盆の長期休暇に合わせて減ってる訳で。数日前から週明けはお盆のGOTOのせいで感染者増えるとか喚いてた基地外は息してるのかな。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です