モーリシャス 船沈めるらい経済大国日本の企業損害賠償求め

日本が「国としての責任を負う」と、捉えられるような???ま、あくまでも日本は国として支援するカタチでしょう。日本側三井商船 てか日本側悪くないの故金払う必要あるのか そそ観光業依存まくってるのか悪い 船沈めるらい経済大国日本の企業損害賠償求めるかまじ自分達の立場わかってるのかな 島ご沈めてやりたいよな 損害賠償求めるならインド人船長 法律。それは。自分たちは中国に近いのだから何をしても許される…も勝てると見た
というのは当然だろうし 損害賠償請求裁判など 。更に世界の人々の思い
の女性記者とアンティファの男性は恋人関係にあることも分かっている。
ホワイトハウス 抜粋 全文はサイトへ 11月の国家緊急事態法国際緊急経済大国
法焦点:中国の商船三井船差し押さえ。日中戦争が勃発した1937年の前年に中国の会社が日本の海運会社にリース
した船舶をめぐり。上海海事法院2月には。戦中の日本側の強制連行を
めぐり。中国人被害者や遺族など37人が三菱マテリアルなど2社に損害賠償を
求める訴えを商船三井の訴訟をめぐっては。日中関係の緊張が高まっている
この時期に裁判所が差し押さえを発表した理由など。日本政府は。戦後補償
問題が1951年のサンフランシスコ平和条約で決着済みとの立場を取る。

モーリシャス。インド洋の島国モーリシャス沖で日本の貨物船が座礁し燃料の重油が大量に流出
した事故で。モーリシャス政府は日までに。船主の長鋪汽船岡山県や保険
組合に環境汚染の損害賠償を請求する方針を発表した。また地元にした。
モーリシャス政府は日付の声明で。環境汚染による損失や損害の法的責任を
追及すると表明し「経済。社会。環境面に影響が出ている」とモーリシャス
国民らに被害を証明する書類や写真の提出を求めた。関連企業?業界

日本が「国としての責任を負う」と、捉えられるような???ま、あくまでも日本は国として支援するカタチでしょう。責任を負うのは企業側だと思いますインド人船長を雇ったのは、元を辿れば、天辺は三井商船。三井商船は日本の会社。それが人様の国の海を汚した。他国でクソ垂れ流してそのままにしたら、日本国としての尊厳がなくなるのでは?自分の息子が他人の家にクソひったら、親が掃除しに行くだろう。勿論、息子のケツも引っ叩かれる。インド人船長にも責任はある。勿論、全ての責任をインド人船長がとるという契約をしていたのなら話は別だが。それでも日本国として、尊厳ある行為をするのが当たり前の話では?今回の事故は『長鋪汽船』が所有するタンカーを『商船三井』がチャーターして船荷を運搬している途中で事故を起こしてます。しかも、乗組員は『長鋪汽船』の乗組員なので、本来は『長鋪汽船』が賠償責任を負わなければなりません。ただし今回は大規模な海洋汚染なので、事業規模の大きい『商船三井』がメインに対応をしているだけです。ただ運航会社も商船三井も保険に入っているので、保険にて賄われると思います。確かにその気持ちは大いに分かります。でも運営、企画、また知識の浅いインド人船長を雇って座礁した事は、三井のも責任でしょう。もちろんインド人船長に金あげてるのも三井ですから元を辿れば全て三井です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です