インド旅行 子供の頃読んだ伝記お釈迦さん菩提樹の木の下で

釈尊は出家してバラモン僧として6年間、断食、断眠などの厳しい修行をされましたが、そのような苦行では悟りを得られませんでした。子供の頃読んだ伝記お釈迦さん菩提樹の木の下で、『6年』(修行で)断食されていた書いてあった思 最近、たま友達話題なって気なります 本当『6年』だったのか いくら『仏様』で人間『6年』ご飯食べなくて生きていられ 仏教詳い方 特定の仏教(宗教)団体の方当てた質問でありません の教養たいだけ 誹謗中傷の回答出た場合ただち質問削除ます インド旅行。釈迦尊は。インド東北部にあったシャカ族の王子としてルンビニ現在は
ネパール領でスッドターナ王とマヤ夫人の間に釈迦尊が16歳になったとき
結婚し。子供も生まれましたが。幸福な生活は長続きしませんでした。三週間
が限度とされていた断食を2か月も続けたこともありました。という囁きに
対してそれを退けましたが。いくら苦行を6年間徹底的に続けても悟りを開く
ことはできませんでした。修行僧たちは苦行をやめた釈迦尊を冷ややかに見
ていました。

仏陀とその教え。苦諦 集諦?滅諦?道諦 五比丘 無我の教え 無我とは何か 経説 人間の心身?五取蘊
6.後に仏教の専門的修行者の意味で用いられるようになりましたが。本来。
インドの伝統的な教え?バラモン 教に批判的な思想家たち石柱には。「ここ
でブッダ?釈迦牟尼が誕生された」という刻文があり。今もこの地に建ってい
ます。苦行によってさとりをめざした沙門の一群があって。釈尊はしばらく
そうした生き方を とったものと思われます。菩提樹と称されるようになったの
です。仏陀の修行について。悟りを開いたあとも永遠の修行者であったあったということであります。は
明らかになってはおられないようですが。断食や自らの息を限界まで止める修行
などの苦行を行ったとされています。年の凄まじい苦行をした後。難行苦行
では悟ることができないと知って。ナイランジャーナ河。「尼連禅河 にれん
そしてブッダガヤーの菩提樹の木の下で深い瞑想に入り。ついに悟りを開きまし
た。

釈迦とは。修行の末,歳頃ブッダガヤーの菩提樹の下で悟りを開き,ブッダ 仏陀
,すなわち覚者となった。釈迦はもと北インドの一部族の名であるが,その
部族出身の仏陀ぶっだという意味で現在は広く使用されている。俗姓を
ゴータマ,名をシッダールタといい,現在のネパール南部のターライ盆地にあっ
たカピラバストゥ城で,シュッドーダナ王浄飯じょうぼん王を父として
生まれた。歳で結婚,1子を得たが歳で出家し,6年間にわたり苦行と思索
?瞑想原始仏教:その1。将来王として釈迦族国家を統治することが期待されたゴータマは群を抜いて頭脳
明晰な人思想哲学による真理探究への止み難い憧れから出家修行の道を選んだ
のだと思われる。ゴータマ?シッダールタは29才の時出家して開悟するまで
6年を要している。特に断食をすれば神秘的な熱力が獲得されると信じられ
ていた。その後。悟りを必ず達成しようという一大決心のもと。吉祥草を敷き
菩提樹の下で澄心端座坐禅する。僧隆光は綱吉に子供ができない原因
として

第三十一章。多くの農民は私がカピラ城の王子を捨てたことを苦と感じているだろう。しかし
。私には楽であった。そして修行僧となり。乞食となり。断食をしているとき。
私は無常の幸せお釈迦さまの生涯。元前~世紀頃。インドの北部現在のネパールの釈迦族の王子として生まれ
たお釈迦さまは。幼いころから何不自由のない暮らしを送っていました。しかし
いつしか。「生まれてきた者は。年老いて。病気にもなり。そしていつか必ず世界仏教史の立場から見た正統空海伝の成立過程。写本に記入されている日付「承和三年三月十五日」は偽りである。 『遺告二
十五条』の「自伝」部分に材料として用いられている『金剛峰寺建立修行縁起』

釈尊は出家してバラモン僧として6年間、断食、断眠などの厳しい修行をされましたが、そのような苦行では悟りを得られませんでした。苦行を止めて、菩提樹の下で7日間の不眠不休の坐禅を行って8日目に遂に悟りを開かれたのです。禅宗の専門道場では、それにちなみ12月1日から8日まで不眠不休の坐禅が行われます。各宗派においても、12月8日は成道会という法会が行われます。こんにちは。「tyran」です。2500年前、釈迦族の王子で「王位継承者」であられたお釈迦様は、29歳の時に「妻子」を遺されてご出家され、その後、様々な宗門宗派に弟子入りされて、6年間「苦行」を行われ、35歳の時に「苦行で悟りは開けない!」とお気付きになられて、苦行を止められて「瞑想修行」を行われ、一年後の36歳の時に「大悟」を得られました。「苦行時代」には、様々な「苦行」をされておられましたが、最終的に山にある苦行用の洞窟にこもられて「食べない苦行:断食」を行われ、骨と皮になるほど痩せこけて、あと少しで亡くなられるかもしれないところで、洞窟の近くを「糸売り商人」が歌を歌いながら通り過ぎて行きます。?琴の糸~きつく締めればプツリ切れ~さりとて緩めりゃ~音がせぬ~?「きつく締めれば…プツリ切れ…、緩めりゃ…音がせぬ…、あっ…あああ!そうか。」お釈迦様は、お気付きになられました。ダラダラと怠惰な生き方も良くないが、自分自身を傷めつけることも良くないのだ!「体を傷めつけても悟れるわけではないのだ。」「苦行で悟りは開けない」その日から、お釈迦様は一切の「苦行」を止められて、か細い体で「山」を下りられ、現在「ブッダガヤー」と呼ばれる「菩提樹」の木の下で修行を始められました。山から下りてきて川で沐浴され、その後、木の下で「瞑想」されてると、村娘が「乳がゆ」を享じてくれました。お釈迦様は、その場で「乳がゆ」を召し上がり、「わたしは、このような美味しい乳がゆを食べたことがないように思います。」と感想を述べられ、「ぜひ、あなたのお名前を教えてください。」とお聞きになられます。村娘は「スジャータと申します。」と答えました。「スジャータ、”美しく生まれる”という意味ですね。わたしも美しく生まれ変わろうと思います。」と、申されたとか。お釈迦様は、「苦行」を止められて一年後の36歳の時に「菩提樹」の木の下で「大悟」を得られました。「悟り」を開くことを、仏教界では「降魔成道:ごうまじょうどう」と呼ばれ、「悪魔」を屈服させたところで成道悟りの道に入るとされます。とにかく「瞑想修行」から「欲」を消すことに専念されておられましたが、「欲」は消すことが出来ませんでした。勿論「マラ:悪魔」の世界から、様々な「誘惑者」が幻視的に現れて「瞑想行」を止めるように言ってきます。父親の「スッドーダナ王」が、いきなり目の前に現れて、「となりの王国にわたしとお前の妻子は囚われており、毎日、苦しい日々を送っている。早く助けに来ておくれ!」と。「わたしは、悟りを得られるまで城には帰らないと誓ったのだ!お前は父ではない。悪魔よ、立ち去るがよい!」、あらゆる「欲」を断ち切っても「欲心」が無くなることはなく、お釈迦様は「ああ、欲は消えない。こんなに修行しても、欲は消えないものなのか…」と嘆かれます。悪魔が言います。「フフフ、欲を消すことなど出来はしない。」お釈迦様は、言います。「どうして、欲を消すことが出来ないのだろ?」「人間は、欲のかたまりなのさ!」「そうか、人間は欲のかたまりなのか。人間が欲そのものであれば、欲は人間の敵ではない!むしろ『命』の一部である!」「何を言う!欲をけしかけるのは我々悪魔だぞ!」「いやいや、悪魔よ、お前も『命』の一部に過ぎない。大いなる人間の『命の一部』に過ぎないのだ!」「……………………………。」お釈迦様は、命の中の「悪魔」を屈服されて、この時「三昧の境地」に入りました。「何だろう…、この気持ちは?世界も悪魔も、すべてが輝いて見える!まるで、体が無くなり、世界の全てに溶け込んだようだ。これが、悟りの世界なのか。」感覚的に、お釈迦様ご自身が「悟りの境地」に到達されたことをご自覚されました。その後、菩提樹の木の下で「悟りの世界」を7日間味わわれ、スコールですらも「甘く感じられた」ことから、お祝いに「甘露の雨」が降ったとの伝説になり、大願成就されたので、「ご入滅:自殺」を考えられましたが、「梵天:ブラフマン」と「帝釈天」の二柱の神様が現れて、ご入滅をお止めになられたと言われます。「せっかくお悟りを開かれたのにもったいない。どうか、その尊い悟りの真理を苦しんでいる多くの人間達に教えていただき、救ってやって欲しい。」と、言われます。しばしお考えになられ、お釈迦様は「大乗仏教」の布教に立ち上がられました。一番最初に教えを説かれた相手は、「苦行仲間の五人」で、最初、お釈迦様の苦行の支持者でしたが、お釈迦様が「苦行」を止めて山を下りられてから、疎遠になっておりました。「お前は、苦行から逃げたんだ!お前の話など、聞きたくもない。」彼らと再会した時、そのように言われましたが、お釈迦様の「充足された微笑み」を見ているうちに、そわそわして、お釈迦様が「あなたは、どうして修行僧になられたのですか?」と、一人一人に聞かれて、「悟りの真理」をお説きになられ、最終的に五人の全員が「あなたこそ仏陀です!」と、認めて、最初のお弟子さんになりました。以上、長文でした。お釈迦様が亡くなられたのは80歳とも言われますので、約40年間「悟りの真理」をお説きになられたわけで、お弟子さんの中には「悟り」を開かれた方々もおられたようです。私:tyranも、西暦2011年5月に「悟り」を開きました。悟ってから、今年で9年目です。お釈迦様は、”人間の命の中にはマラ:悪魔がいる”と悟られましたが、私は、人間の腹の中丹田:へそ下5cmには”鬼がいる”と悟りました。衣食住、生きるための鬼丹田の鬼ですが、人間の負の感情恨み?憎しみ?嫉妬?ねたみを抱くことで「胸」まで上がり、鬼のような無慈悲な人間になりますので、「腹の鬼は腹のまま」、胸の中には「鬼あらず:不鬼」と心得て生きる必要があります。不鬼心経私の場合は「降鬼成道:ごうきじょうどう」鬼を降ろして道を成すです。人間であれば、腹の中に「鬼」が置かれております。「鬼」は、英語で「デビル:悪魔」です。お釈迦様が、お悟りを開かれる時に現れたマラ悪魔とは、おそらく「丹田の鬼」でしょう。ここまで読んで頂いて誠にありがとうございました。。ブッダが出家してからの6年間がゴッチャになっているようですね。何が何年というようなことははっきりしていませんが、大まかにいうとこんな感じです。シャカ国を出る↓マカダ国に入る↓サマナバラモン以外の修行者のところへ行く↓アーラーラ?カーラーマに師事し、瞑想によって「空無辺処」を得る↓アーラーラ?カーラーマの元を去る↓ウッダカ?ラーマプッタに師事し、瞑想によって「非想非非想処」を得る↓これでは真の覚りを得ることはできないとウッダカ?ラーマプッタの元を去る↓苦行林に入り苦行を始める↓命がけの修行をするがこれでは真の覚りを得ることはできないと苦行林を去る↓沐浴し、スジャータの乳粥を受ける↓菩提樹の下で瞑想する↓覚りを得るはっきりはしていませんが、苦行の期間は相当長かったようです。断食は、数日間連続でしますが、ずっとではないですよ。限界ギリギリということです。そして釈迦は、それを何回もやって、他の苦行も誰よりも厳しくやって、それでも悟れなかったので、そんな苦行は悟りの役に立たないと捨てて、そして瞑想に専念することで悟ったとされます。なお、断食は止めたといっても、食事は、托鉢で1日1食で、しかも腹一杯は食べないというものです。現代の感覚では、それも苦行ですね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です