なぜ消えた う寝台特急乗らなかった理由か

過去の経験で回答します。う寝台特急乗らなかった理由か なぜ消えた。東京~出雲市。高松間の寝台特急「サンライズ出雲?サンライズ瀬戸」。日本で
毎日運転されている夜行列車はこれだけだ年月。草町義和撮影。
たとえば。出張先に朝早く着かなければならない場合。前日の早い消えた夜行列車??サンライズ瀬戸?出雲?が残った理由。どちらも「サンライズエクスプレス」と呼ばれる電車で運転している寝台車中心
の特急列車寝台特急で。ルートが交通インフラが今ほど整備されてい
なかった時代には。長距離移動手段が鉄道に限定されることが多かっ寝台特急カシオペア。一度も乗れないまま廃止。今後の寝台特急はどこへ行く? ; 旅行時期。/
約年前事故などの場合の取り扱い:JR東日本。乗車中の特急列車が目的地までの途中駅で運転をとりやめた場合は。後続の特急
?急行列車運転をとりやめた列車が急行寝台料金は。使用開始後朝時まで
の間に一部区間または全区間をご利用いただけなかった場合に限り。全額お返し

〈図解〉新説全国寝台列車未来予想図。〈図解〉新説全国寝台列車未来予想図 ブルートレイン「銀河」廃止の本当の理由/
川島 令三趣味?ホビー – 新しく線路を敷くことにくらべれば。ずっと小さな
労力で日本人気アナリストが明かす。鉄道ファンも知らなかった「真実」。「ブルートレイン廃止」は時代の流れか。今春。JRの寝台特急「あけぼの」が廃止され。ブルートレインは「北斗星」を
残すのみとなった。ブルトレ全廃への流れに対し。鉄道ファンのあの方が異論を
唱えた。 JR…豪華寝台特急『北斗星』がホステルとして甦った。年。“日本初の豪華寝台特急”として。鳴り物入りでデビューした『北斗星』
。作り。東北の観光情報を発信すれば。外国人にも鉄道旅行の魅力を知って
もらい。東北地方まで足を伸ばしてもらえるのではないか。という期待もあった

随筆寝台特急トラベルダイアリー。より四半世紀を越え。日本海の日暮れと夜明けの幻想的な風景や。スピード化し
ていく現代 社会におけるスローライフの醍醐味を提供し続けてくれた寝台列車が
引退する。車両の老朽 化や青函トンネル内の電圧変更等の理由があるにせよ。二

過去の経験で回答します。それは、新幹線の方が全然速いし、寝台特急より楽だし疲れないから、乗らなくなったってこと。新幹線が各地に伸びるまでは、寝台特急を使って移動していましたが、まず揺れて良く眠れない。寝不足で疲れて朝を迎える。個室でないと人目が気になって飲食もしづらい。など、我慢して乗っていました。寝台特急を使うくらいなら、夕方に新幹線に乗って目的地のホテルに泊まった方がずっと楽です。ちなみに、私が乗っていたのは昭和60年代と平成初期でしたから、寝台券なんて取り放題でしたし、お盆や正月でもなければ満席になることはなかったです。それと、寝台特急の料金が高いわけではなく、新幹線+ホテル代の方が高かったです。同じように感じる人は沢山いると思います。転売屋やツアー会社に買い占められて、寝台券が窓口で買えなかった。寝台特急が利用されなくなった理由でしたら、大きく分けて、3つの理由があると思います。1、生活様式の変貌昔の旅行と言えば、狭いボックス席で一夜を明かすのが普通だった様ですが、その中で、横になれる寝台列車は、3段寝台でも贅沢な乗り物でした。ですが、日本の生活水準が向上するにつれ、その様な設備は時代遅れになり、見劣りする様になっていきました。今では、個室が当たり前ですが、個室では、2階建の285系でも3段寝台の半分程度の定員しか確保できません。また、昔の寝台列車は、ビジネス客の利用が中心でした。例えば、日中東京の会社で仕事をし、夜間寝台列車で移動し、翌朝九州のお得意さんへ顔を出して仕事をする???と言う様な利用がされていました。ですが、今やそんな働かせ方は、会社としてもそうそうできませんし、そこまでする必要性も、現在ではほぼありません。2、高速移動手段の充実夜間移動して翌朝から仕事ができる…というのは、交通手段の中心が在来線の時代であれば、至極便利でありましたが、新幹線や飛行機が当たり前になってしまうと、そのメリットが弱くなります。3、価格寝台列車の料金設定は、昔から高めでした。それでも、寝台列車を使う事により、時間の有効利用ができていれば、寝台列車の料金が高くても利用価値が高かったですし、ビジネスの移動であれば、旅費は会社持ちですから、問題はありませんでした。ですが、自費で利用するには、価格の割に陳腐化した設備…時間的なメリットも弱まった…という状態になり、好きな人が旅情を求めて利用する程度しかメリットが見出せなくなってきました。安価な夜行バスの充実や、飛行機の価格低下も、痛かったことでしょう。私は上記3点が主な理由と思います。だから、寝台列車は旅行を楽しむ為の乗り物として、時間を気にする人の利用の考慮をやめ、かつ豪華になっていきました。北斗星やトワイライトエクスプレス等その行き着く先が四季島や瑞風という、豪華寝台列車です。やはり一番は料金が高く時間が掛かるからです。時間的余裕があり旅愁を楽しむのは寝台列車も良いと思いますが。日程内で旅先での行動を長くとれるのは飛行機や新幹線が有利だからです。少ない日程なら時間は大事ですので。同じ夜行なら高速バス等が意外と快適で断然料金も安いからでしょう。高いから個室はともかく開放寝台は寝台料金0円にすべきだったそのかわり三段式に戻せば座席車に近い定員になったから、ある程度収益を確保した上で高速バスと戦えたよ乗れなくなった理由ですよね?まだ、サンライズ出雲?瀬戸号が運行中ですから。夜行バスが多数運行するようになったから。>もう寝台特急に乗らなかった理由は何ですか?確認ですが、乗らなくなった理由の間違いですか?1番の理由は値段じゃないでしょうか?LCC登場前ならまだしも、今や高過ぎます。寝台料金をホテル代と考えには、ホテル代が安過ぎますし、飛行機もLCCの登場で圧倒的に安いし。夜出て朝着くと言うのはすごく魅力的なんですけどね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です